HOME > Learning-MASTERとは

Learning-MASTERは企業研修のWebラーニング化を提供するクラウドサービスです

社員研修 Before&After

 Learning-MASTER導入前   Learning-MASTER導入後 
  • 全部の支社、営業所の職員まで全員研修は大変だ
  • 勤務形態がバラバラで、全員が一堂に会した研修会の設定ができない
  • 人員の出入りが多く、研修会の開催が追い付かない
  • 研修事務局は少人数で対応しているので、全社員分の受講状況や理解度テストの得点管理など、マネジメントが難しい
  • Webラーニングシステムですから、インターネット環境さえあれば、どこからでも受講できます
  • 24時間対応ですから、いつでもPCや場ブレット端末で受講できます
  • 受講者登録が完了すれば、すぐに受講可能となります
  • 研修事務局は、受講者全員の進捗状況やテスト結果の把握が可能ですから、未受講者へのフォロー等が適切に実施できます。

Learning-MASTERの主な機能

<研修事務局機能>

  • 受講者のID登録
  • 受講者をグループ分け
  • グループごとに受講コンテンツを設定
  • 受講者ごとの進捗状況確認
  • 受講完了者、未完了者、未着手者を抽出し、一覧表で確認
  • テスト完了者、未受験者を抽出し、一覧表で確認
  • 全受講者終了後に「教育実施記録」をCSV形式でダウンロード可能


<受講者機能>

  • 自分のIDでログインすることによって、受講対象のコンテンツ確認
  • 自分の進捗状況を確認
  • 目次選択によるキャプチャー指定が可能
  • 受講完了後、理解度テストの受験
  • 受験後すぐに正解、不正解を確認
  • 契約期間中は何度でも受講、テスト受験が可能

画面例

研修受講画面の例です。
資料画面とビデオ映像が同時に表示されるため、ライブ感にあふれ、納得度の高い研修効果が期待できます。

screen

適用業務例

  • 機械操作手順の説明
  • 商品機能や特徴等の解説
  • 業務マニュアルの説明
  • 各種スキル、ノウハウの伝達
  • 各種週知事公の共有、徹底
  • 対象者の受講状況や理解度確認が必要な研修

<Webラーニングに向かない研修>

  • グループワーク等、現場でのコミュニケーションが必要な研修
  • 演習を併用し、講師の都度確認が必要な研修


▲ページトップに戻る