HOME > Pmark-MASTER

Pmark-MASTERとは

Pmark-MASTERは、プライバシーマークの認証取得のための社員教育に特化したLearning-MASTERのコンテンツです。

 JISQ15001:20063.4.5 教育

 事業者は、従業者に、定期的に適切な教育を行わなければならない。事業者は、従業者に、関連する各部門及び階層における次の事項を理解させる手順を確立し、かつ、維持しなければならない。
a) 個人情報保護マネジメントシステムに適合することの重要性及び利点
b) 個人情報保護マネジメントシステムに適合するために役割及び責任
c) 個人情報保護マネジメントシステムに適合に違反した際に予想される結果

 事業者は、教育の計画及び実施、結果の報告及びそのレビュー、計画の見直し並びにこれらに伴う記録の保持に関する責任及び権限を定める手順を確立し、実施し、かつ、維持しなければならない。

プライバシーマークの要求事項を規定するJISQ15001:2006では、このように記載されています。
通常は、組織内の全従業者が1年に1回、a)~c)の内容を盛り込んだ研修を受講するようにルール化します。
その際のエビデンス(証拠書類)として、教育計画、全員が受講してことを記載した実施記録、理解度を評価したテストの結果、そして、改善点が見つかった場合は対応する措置、これらを文書化し保持する必要があります。

Pmark-MASTERを活用した教育の実施

マネジメントシステムでは、教育の実施もP・D・C・Aサイクルに沿って行われます。


ご利用にあたって

研修コンテンツ

研修コンテンツは以下のとおりです。
  1. 個人情報とは
  2. 何故、個人情報保護に取り組むか?
  3. プライバシーマークとは
  4. 個人情報保護の取り組みを行う重要性と利点
  5. 個人情報保護の取り組みを行うための役割と責任
  6. 個人情報保護の取り組みに違反した場合に想定される結果
  7. 実務における個人情報保護のポイント

Pmark-MASTERのコンテンツは、島岡行政書士事務所の指導監修の元作成しております。

まずは1週間お試しください

Pmark-MASTERでは、1週間のお試し期間を設定しております。
お申込みいただいた管理者の方にお試し用のIDを発行いたしますので、1週間お試し受講していただき、その後、ご採用の可否をご判定ください。
   お問い合わせ、ご利用のお申込みはこちらから。

教育計画書の書式ダウンロード

教育計画書の例は、こちらからダウンロードしてご利用いただけます。

▲ページトップに戻る